We love Amii !!

Community List

We love Amii Ozaki !! (尾崎亜美さん)(16)
更新日 : 08/24 00:05
>>このコミュニティへ

What's New

衝動買いの陶酔感。

詳細 >>

Profile

今まで「酒と音楽の怠惰な日々…」というおちゃらけブログでお世話になってきましたが、心機一転、亜美さんネタ専門のサイトを立ち上げるに至りました。


尾崎亜美さんを
           愛する皆様へ


オフィシャルファンクラブに
入会して一緒に亜美さんを応援
しませんか?


尾崎亜美オフィシャルファンクラブ
GLUTTON CLUB
(グラットンクラブ)

【入会特典】
 ◇コンサート、イベントなどの告知
 ◇コンサートチケットの優先販売
 ◇会報の発行(およそ2ヶ月おき)

【入会金・年会費】
 ◇入会金    1,000円
 ◇年会費    3,500円
    *更新月  12月
   (7月以降入会の方は2,500円)

【申込み方法】
   申込書 (リンクページからダウン
   ロードボタンをクリックして
   glutton.pdfをダウンロードして
   印刷して下さい)に必要事項を
   記入の上、下記の住所に送付し、
   4,500円(入会金&年会費)を
   下記の口座へお振込みください。

〒153-0063
    東京都目黒区目黒4-9-17-101
              ビーズクラブオフィス内
                       グラットンクラブ

 振込先:みずほ銀行  青山支店
           普通   1096861
          (有)ビーズクラブオフィス

           ≪お問合せ≫
              TEL   03-3794-2716
               10:30-18:00  (月~金)

Calendar

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について
9件中   1 - 9 件表示 ( 全 1ページ )

おっ、これをきっかけに全国区かっ?!


先日、徳間よりリリースされた 小原礼&屋敷豪太の The Renaissance によるアルバム「Renaissance 1er」ですが、その一曲目の

『「愛のために」とか言っちゃって』

これがなかなかカッコいいので、ウチのバンドでも「コピーしてウチのレパートリーにしようぜ!」と目論んでいた矢先に、TBS系で毎週土曜日の23:30〜24:00にO.A.される「新 チューボーですよ!」の4〜6月のエンディングテーマに抜擢されたとのこと。

おめでとうございます!

礼さんのブログに紹介されていましたので、よろしければコチラをご覧あれ。

これでルネの知名度も上がってCD売り上げがアップすれば言うこと無しですな。


ウチのバンドでも2〜3曲はコピーしてレパートリーにしたいと思っている、オールドテイストなロックの香りがプンプン香るアルバム…

「Renaissance 1er」

まだお聴きになっていない皆様はぜひ!

2014-03-26 23:13:20投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(6) nice!  あしあと

Renaissance 1er


リリース日に早速入手しましたぜ。




ぃやー、とにかくカッコいいっす!

”「愛のために」とか言っちゃって ” や ” バーディー ” 辺りはルネのファンにはお馴染みの曲ですが、お二人がマジになって創るとすっげーイカした音になっちゃうんですね。

勿論、これだけじゃなくて他の曲も含めていい感じに仕上がってます。
本当に素敵ですゎ。

やたら英語ばかりを多用することなく、日本語で歌ったり、言語的に和洋折衷だったり、そしてフランス語だったりと、それぞれの曲にうまくマッチする詞がなかなかグゥです。

そして音づくり的にも、昔どこかで聴いたような懐かしいエッセンスが盛り込まれたサウンドが心地よいです。
この辺り、お二人の長年の音楽スキルをまざまざと見せつけられてしまいます。

亜美さんも2曲ほどバックヴォーカルで参加されていますが、その中の一曲 ” Midnight Special " は亜美さんの歌声が音楽の輪郭を浮き彫りにするようで、すごい存在感でした。
この曲、好きだわー。




曲としては前出の ” Midnight Special " 、” YOU ARE MINE ” 、” 旅烏 ” なんかが結構好きだなー。

特に ” 旅烏 ” は礼さんのヴォーカルとアレンジ、音造りが超カッコいいです。



むー、ルネのバックでタイコ叩いてみたいぞー!

って、プロドラマーの後ろでタイコ叩くなんて、ナメとんのか?!ワレィ!って言われてしまいますな。



2014-03-13 01:03:18投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと

亜美さんは出演なさいませんが…。


ひょっとすると、亜美さんもお客さんとして観にいらっしゃる可能性大なイベントがあります。


”飯塚のママ” といったら、亜美さんファンならお馴染みの方も多いハズ。

そうです、料理研究家の飯塚宏子さんのお料理が楽しめる音楽イベントです。

出演者の詳細はこちらのサイトでご確認いただければよろしいかと思いますが、その中にスペシャルゲストとしてあの小原礼さんと屋敷豪太さんの合体ユニット

The Renaissance 

が登場するのです。

ルネのライブは毎度楽しい音楽パフォーマンスを堪能できるのですが、大体、いつも亜美さんは観に来られます。

なので普段の亜美さんにお会いできるチャンスでもあります。(…って、もしいらっしゃれば…の話ですが。)


イベントの詳細告知は間もなくできそうとのことで、こちらのサイトのチェックをお忘れなく。

2014-02-21 01:51:39投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと

永遠のロック少年に乾杯!(関係各署からのクレーム覚悟です)


※今回のライブは写真撮影などお咎めがなかったので、これを読んでくださる皆様にもその雰囲気が伝われば…と思い、敢えて一部写真を公開しています。
もし問題があるようでしたらお知らせ下さい。即刻取り下げますので…。


前の記事でも話題にしましたが、30日に行われたルネのライブに参加してきましたのでその内容を…。

この日のライブはヒューマンビートボックスLynさんの繋がりで実現したイベントのようで、対バンは大阪の方々が多かったです。

さて、ルネのお二人が登場したのは21:15頃。
でもルネはローディの方々が全くいないユニット。
なのでステージに現れてもすぐ演奏というわけではなく「あれ?オレのギター、どこだっけ?」みたいな感じで、ステージ脇にあるギターケースを引っ張り出すことから始まります。

そこからケースを開き、シールドにエフェクタを繋いでチューニングとアンプのチェック。
ここまでで結構時間を費やしてました。
でもまぁ、軽いギャグを交えながらのセッティング風景もルネならではのも。
存分に楽しませてもらいました。

豪太さん、譜面台にiPadを置いたので、てっきりコード譜が仕込んであるのかと思いきや、何とギターを繋いでチューニングしてました。
チューニングメーターとしてお使いだったのですね。
そんなわけで実際の演奏はお二方とも紙のコード譜でやってました。

さて、ライブはルネではお馴染みのビートルズナンバー「One after 909」からスタート。

お二人相互にボケたりツッコんだりのお笑いトークと共にお馴染みの曲が演奏されていきます。


「狩人です!」
「かり」と「うど」です。
「うどです。」と豪太さん。

「ゆず」でした。
「ゆ」と「ず」です。

「ホール&オーツでした!」
「ホール屋敷…どんなお屋敷に住んでるんでしょうかw」


その後はバケラッタベースの話になったんだけど、客層が若いのでイマイチ理解してもらえず。。。


こんな話ばっかでベタではありましたが、楽しませてしただきました。

双方の事務所のクレーム覚悟でライブのカットを…。



セットリスト(MCを含めて)

1.One after 909(The Beatles)
2.バーディー
3.愛のために…とか言っちゃって

ここからてんぷくトリオ? かしまし娘?!
早い話がLynさんが登場。

「Perfumeです!」
そうそうさっきまで「Puffyだったんですけど。」

これ以後、3人で…

4.Wild Thing(地味変=ジミヘン)




「コブクロでした!」

5.I Saw Her Standing There(The Beatles)
6.Hound Dog(Elvis Presley)

ここで礼さん、ステージ上から Wild Turkey のロックを注文w

「礼さんはボケですよね。」(Lynさん)

「そうだね。でもボク、以前はそうじゃなかったんだけど、奥さん(亜美さん)が関西人だったから…」だそうですw

「豪ちゃんはツッコミだよね?」(礼さん)
「ぇ? お二人とも同じようですよwww」(Lynさん)
「ぁ…そぉ?www」(礼さん/豪太さん)

7.As Tears Go By(The Rolling Stones)


そして最後は新ネタ!

その曲はLynさんのボイパーから始まるも、礼さんがいきなりあのポーズを取ると…
Lynさん、堪えきれず笑い出してしゃがみ込んでしまいます。

8.Billie Jean(Michael Jackson)

この曲の演出が笑ってしまうくらい凄かったです。
曲の途中でブレイクし、3人揃って「マイケルが帽子を片手で押さえながら斜めになる仕草」を披露。

しかも曲の後半では礼さんが「出来の悪いムーンウォーク」を始めると豪太さんもそれに同調。
調子に乗ってやっているうちに礼さんったらムーンウォークのすり足で自分のエフェクタのシールドを抜いてしまって…。

ライブにハプニングはつきものですが、狙ってもなかなかできないナイスなボケ加減でした。


というわけでルネのライブはここで一旦修了。
セッションタイムに入って前出の対バンの方々が素晴らしいセッションを聴かせてくれましたが…

その後はなんと…
エグトン(江口信夫さん)と是ちゃん(是永巧一さん)が飛び入り。

Guitar: 礼さん
Guitar: 是ちゃん
Bass: 豪太さん
Drums: エグトン

そんなわけで滅多に聴くことのできないメンバーによる西麻布のスペシャルな夜を堪能してまいった次第です。

そして最後に思ったこと。

やっぱり礼さんは「永遠のロック少年」ですね。
演奏している表情が「もう楽しくってしょうがない!」っていう少年の表情になってました。
セッションが終わった後は気のしれたミュージシャン仲間と楽しい時間を過ごしていらっしゃいました。

では最後に再び各事務所からクレーム覚悟でそのメンツを…



お後がよろしいようで。。。








2013-08-01 00:22:20投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと

いきなりご挨拶。


仕事を終えて、まだ時間は早かったけど下見を兼ねてルネの出演する西麻布のレッドシューズに行って見たら…。

あらまぁ、礼さんと豪太さんのお二人が揃ってお店の前にいらっしゃるではないですか。
いきなりご挨拶してしまいました。

訊けば、今、サウンドチェックが終わってこれから食事に行くところだとか。

写真とか撮って上げてしまうと色々と問題もあろうかということで、とりあえず店前のマットだけ。


では楽しんでまいります。

2013-07-30 19:00:13投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと

あっ、11/28もお忘れなく!


かねてから小原礼さんのブログで紹介されていた 5th ave south がいよいよ11/28にリリースされます。


参加メンバーは小原礼さん、林立夫さんに加え、鈴木茂さん、Charさん、佐藤準さんなど泣く子も黙るスゴいメンツです。

収録曲は…

   01. ユーズ・ミー(ビル・ウィザーズ)
   02. アイル・テイク・ユー・ゼア(ザ・ステイプル・シンガーズ)
   03. レディ・マーマレード(ラベル)
   04. 言い出せなくて(イーグルス)
   05. 愛はきらめきの中に(ビージーズ)
   06. プライベート・アイズ(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
   07. サラ・スマイル (ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
   08. バック・イン・ザ・U.S.S.R(ビートルズ)
   09. カリフォルニア・ガールズ(ザ・ビーチ・ボーイズ)
   10. マイ・ガール(ザ・テンプテーションズ)
   11. カーマは気まぐれ(カルチャー・クラブ)
   12. 小さな願い (ディオンヌ・ワーウィック)
   13. ユーキャンドゥーザット(ビートルズ)
   14. South In The City (Theme of 5th Ave South)

最後の曲を除いては皆さんお馴染みの曲のオンパレードですな。
さてさて、この楽曲たちが礼さん、立夫さんの手にかかってどのように料理されているのか、楽しみでなりません。


林立夫さんの直筆コメントをパクってきましたので貼っておきまーす。


尚、「このアルバムは【HMV/ローソン限定発売】であり、他のCDショップでは販売されていません。ご注意下さい。」とのことです。

ネット発注してしまえばオッケーですよねー。

ではでは、こちらも要チェックですぜー、旦那。。。

2012-11-27 11:19:26投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと

あちゃ。


本日、暁美ママ(尾崎暁美さん)の応援と称して東急東横店で開催されている「名人たちの仕事展」に行ってきました。

ひとしきりお話させていただきましたが、そこで「そうだったのか!」という新事実が明らかに…。

「礼さんと行くはずだった寄席。訳あって…母と行くことになりました。」
との行がありますが…

実はその前日に横浜で行ったルネのライブ後の自宅打ち上げで、礼さんったら飲み過ぎてしまって、体調悪くて(二日酔いですかね?)寄席欠席だったのだそうです

ぁ、バラしちゃった


まぁ、あの日の礼さんはご機嫌でしたもんねー。
ライブ、本当に楽しかったんでしょうね



※コメント頂いているのにレスできてなくてすみません。
近日中にしますんで…。

2012-10-27 18:04:25投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(8) nice!  あしあと

10/21 の横浜は…

小原礼さんのブログによれば、10/21に横浜7th. Avenue にて The Renaissance のライブが開催されるとのこと。

The Renaissance については関西方面で何度かライブを行っていましたが、関東のライブハウスでは初なんじゃないですか? もしかして。。。
渋谷duo で行われた en にも出演されましたが、関東での本格的なライブハウスでの公演はきと初めてだと思います。

なので、行ける人は行きましょう!

=======================
10/21(SUN)

The Renaissance

小原礼
屋敷豪太

with Humanbeatbox Lyn

■OPEN 17:30/START 18:00
■前売¥3000/当日¥3500

チケット予約:
Yokohama 7th. Avenue
045-641-2484
受付時間:14:00~21:00
=======================


2012-10-18 01:39:50投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと

そうか、あれがそうだったのか!

昨日の横浜象の鼻のライブの本番前に小原礼さんとちょっとだけお話できました。

今日はいつものプレベですね…って私が尋ねると
「うん、あとTEISCO(テスコ)ね。」

ぇえ?!TEISCOなんてお使いでしたっけ?!
「ぅん…

でもサブなんでしょ?
「ぃゃ、曲によって使い分けるよ。」

それにしてもTEISCOってかなーり古いですよねー?!
「1960年代だね

でも礼さんのことだからそんなに高い楽器じゃなかったんじゃ…?
「…7万円
(笑)(笑)(笑)(笑)
※礼さんはあまり高価な楽器は買ってない…と聞いていましたので


んで、本番で見たら…。
あー、これがTEISCOだったのかぁ!!
還暦記念で赤い弦を張ったあのベースだったんだ。
どこのものかサッパリわからなかったんだけど、一つ謎が解けました。


上の写真は代官山のライブでの機材写真ですが、昨日のライブはまさにこの二本をお使いになっていました。
手前にあるのが恐らく60年代?のFender Precision Bass (プレベ)、そして奥に立て掛けてある赤いのがTEISCO(機種まではわかりません…)のベースです。

でも、楽器は「活かすも殺すもプレーヤーの腕次第」
7万円といえど、礼さんの手にかかれば「弘法筆をえらばず…」ですな。

本番で聴いたTEISCOベース、芯のあるフォーカスされた音色でした。
いつものプレベはもっと太くて丸いどっしりしたサウンドを響かせるのですが、やはりキャラクタは全然違うんですねー。


それから別の話ですが、Gibson SG Reissueについては…
「なかなかいいんだけど、ネックをずっと持ってないとヘッドが落ちちゃうんだよねー。」と礼さん。

確かにそうですね。
あれはストラップを留める位置がネックの付け根なので仕方ないですよね


そんな感じで礼さんと楽器のお話をさせていただくのはホント、楽しいです

2012-08-26 17:53:34投稿者 : We love Amii !!
この記事のURL コメント(4) nice!  あしあと
9件中   1 - 9 件表示 ( 全 1ページ )